リペニア お酒の直前直後に服用すると増大成分が効きません!

リペニア お酒の直前直後に服用すると増大成分が効きません!

リペニアはお酒と相性が悪い?

増大サプリを飲んだことがある人なら、増大サプリとお酒の相性が良くないことは知っているのではないでしょうか。
食品として販売されている増大サプリは、基本的にいつ飲んでも大丈夫です。
自分の都合の良い時間に飲めるというのがサプリのメリットでもあります。
ただし、いつでも飲めるとはいえ飲むタイミング次第で効果には多少の差があります。
お酒とリペニアの相性が悪いと言われるのは、効果が実感できるまでに時間がかかることが多いからです。
全くお酒を飲まない人に比べるとお酒を飲みながらリペニアを飲んでいる人の方が、効果が出るまでの期間が長く、数カ月単位で増大結果が出るまでの差がつくこともあります。
医薬品と違って飲み方や飲む時間に明確な指示がないからこそ、増大サプリを飲む時には何と相性が悪いのかを知っておくことが大事です。

リペニアの服用中はお酒が飲めない?

お酒好きな人や付き合いでどうしてもお酒を飲まないといけない人は少なくありません。
リペニアとお酒の相性が悪いからと言って禁酒するのは難しいでしょう。
しかし、リペニアを飲み始めてもお酒を完全に止める必要はありません。
もちろん、毎日の飲み過ぎは健康のためにも良くないので、量を控えたほうが良いのは当然です。
お酒は内臓にも大きな負担をかけますし、お酒を飲むことで眠りが浅くなったりといった体への悪影響も考えられます。
健康でいることは増大のための基本とも言えるので、お酒を飲むのであれば適量を知ることも重要です。

お酒の直前直後はリペニアの服用を控えましょう

お酒を飲み続けながらリペニアの効果を発揮させるには、飲むタイミングの調整が必要です。
そもそも、お酒とリペニアの相性が悪いと言われるのは、アルコールの分解にリペニアの成分が使われてしまう可能性があるからです。
そのため、お酒を飲む時間とリペニアの服用時間をずらす必要があります。
アルコールが分解されるまでの時間はアルコール度数や体質によって変わりますが、ビールでも3~4時間、ウイスキーなどでは7~8時間かかると言われています。
リペニアを就寝前に飲む人も多いですが、お酒が完全に抜けるまで待つとなると寝る時間がなくなってしまいます。
こういう場合は、リペニアを昼間のうちに飲んでおいて夜にお酒を飲む、お酒を飲んだ翌朝にリペニアをのむといった調整をしましょう。
お酒を飲んだからリペニアを服用してはいけないということではなく、時間をずらすことが大事です。
飲み会の直前や直後にリペニアを飲むのは、成分を無駄にすることにもなりかねません。
増大効果の高い成分を有効に取り入れるためにも、お酒とリペニアのタイミングを考えて飲むようにしてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*