リペニア 飲酒した時は3~4時間経ってから服用してください

リペニア 飲酒した時は3~4時間経ってから服用してください

リペニアと飲酒の相性は?

リペニアは血行を促進する成分を多数配合しており、それが増大効果にも大きく作用します。
飲酒も同じく血行促進作用があるため、相乗効果が見込めるのではないかと期待する人もいるかもしれません。
しかし、お酒とリペニアの相性はよくありません。
一つには、血行促進効果が強すぎて心臓に負担をかけることが考えられるからです。
また、血圧が高めの人が血行を促進しすぎると血管にも負担をかけます。
血行促進は増大に欠かせませんが、体に負担をかけてしまっては健康を害することにもなります。
リペニアと飲酒の相性は良くないので、飲酒後にリペニアを飲まないように気をつけましょう。

飲酒後にリペニアの服用は避けたほうが良い?

リペニアに含まれる成分の中にはアルコールの分解のために使われる可能性のある成分もあります。
リペニアを飲酒後に飲まない方が良いのは、こうした理由もあります。
アルコールが肝臓で分解される時には大量のアミノ酸が消費されます。
体の中にあるアミノ酸だけで足りない場合は、リペニアの成分から必要な成分が使われてしまうでしょう。
増大のためだけにリペニアの成分を使おうと思っても、アルコールの分解が優先されます。
肝臓の働きが弱っている時は、さらに多くのアミノ酸を必要とします。
そのため、リペニアを飲んでいるのに増大のために成分が使われず、せっかくの効果が無駄になることも考えられるということです。
飲酒後のリペニアの服用は、成分を無駄遣いするだけと覚えておいてください。

リペニアを飲むなら飲酒の3~4時間後に

付き合いなどでどうしても飲酒を避けられない時は、リペニアの服用と飲酒の間隔を空けるようにしましょう。
一般的にアルコール度数の高いお酒の方が、分解までには時間がかかります。
ビール1本程度なら3~4時間、ウィスキーや焼酎なら最低でも7~8時間は空けた方が安心です。
夜にリペニアを飲む習慣がある人は、これだけ時間を空けるのが大変かもしれません。
そんな時は、飲酒前にリペニアを飲んでおくのも良いでしょう。
成分が吸収されたころに飲酒すれば、リペニアの成分がアルコールの分解に使われることもありません。
ただし、お酒の飲み過ぎは健康にも良くないので、休肝日を設ける、過度な飲酒を避けるなどの努力も必要です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*